Go to Top

沿革

昭和39年
4月
埼玉県所沢市北野にて啓和自動車整備工場を開業する。
10月
川島 満(誕生)。
(東京オリンピック後の高度成長にて自動車修理業が発展)
昭和41年
12月
自動車整備認証工場として自動車修理業、有限会社啓和自動車と称する。
昭和54年
11月
埼玉県入間市狭山ケ原にて、有限会社啓和運輸として運送業を開業する。
(一般貨物自動車運送事業の免許を取得して運送業界に進出)
昭和56年
12月
埼玉県所沢市に、有限会社啓和工業を設立。
(業務請負として人材派遣業に進出)※この当時に人材派遣業という名称は無かった。
平成2年
5月
派遣事業の需要拡大に伴い、有限会社啓和工業を人材派遣会社として、株式会社ケイワハーベストとして名称変更をする。
平成3年
1月
運送事業区域を東京に拡大、株式会社啓和運輸と名称を変更する。
(首都圏区域の免許を取得)
8月
川島 満、常務取締役として、株式会社啓和運輸入社する。
(グループ年商10億円を目標に設定)
平成5年
10月
(10期 年商10億円)
平成7年
11月
埼玉県入間市宮寺に、フレクス株式会社を設立する。
(倉庫事業への拡大を図る。3PL事業に本格参入)
平成9年
3月
東京都江戸川区に、東京営業所を開設。
(埼玉、東京にて営業拡大を図る)
平成10年
7月
埼玉県所沢市に、株式会社たすかる を設立する。
(保険代理店を主として、福祉・介護など別分野での業容を拡充に図る。)
10月
(20期 年商15億円)
平成12年
12月
川島 満、株式会社啓和運輸 代表取締役就任する。
平成15年
6月
大手物流子会社の一部をM&Aにて、埼玉北部を拠点に事業拡大を図る。
埼玉県比企郡滑川町に、東松山営業所を開設。
10月
(25期 年商20億円)
12月
主要取引先様の工場火災により物流請負業務終了に伴い、東松山営業所閉鎖の危機に。
平成16年
3月
群馬県伊勢崎市に、関越営業所を開設する。
(北関東の拠点として拡大を図る)
5月
茨城県稲敷市に、東関東営業所を開設。
(東関東の拠点として拡大を図る)
9月
神奈川県横浜市保土ヶ谷区に、横浜営業所を開設する。
(関東一円への営業所展開により売上の拡大を図る)
平成18年
9月
大阪府大阪市に、大阪営業所を開設する。 
(関西方面への営業事業への拡大を図る)
12月
特別積合せ貨物運送事業を開始、事業の拡大を図る。
(関東~関西を結ぶ路線便を運行開始)
平成20年
10月
(30期 年商30億円)
平成21年
4月
埼玉県所沢市に、所沢物流センター(3200坪)を新設する。
(同時に、所沢営業所を併設し事業の拡大を図る)
8月
群馬県邑楽郡大泉町に、大泉営業所を開設。
(東日本運輸㈱をM&Aにて、北関東への事業の拡充を図る)
平成22年
4月
株式会社たすかる、特定旅客運送事業の資格を取得して送迎事業の業容拡大を図る。
9月
栃木県さくら市に、栃木営業所を開設する。
(東北方面の業務拡大に図る)
平成23年
9月
東京都瑞穂町に、瑞穂物流センターを開設する。
10月
埼玉県桶川市に桶川営業所、千葉県市川市に京葉営業所を開設する。
(平成運輸(株)をM&Aにて、東京及び埼玉東部地区への事業の拡充を図る)
平成24年
4月
埼玉県越谷市に、越谷営業所を開設する。
(ラウンドネット㈱をM&Aにて、各営業所間の連携を図る)
平成25年
4月
フレクス株式会社にて、太陽光発電事業部を設置し、売電事業開始する。
所沢物流センターに、第1施設(300kwh)の発電所を設置する。
5月
岐阜県土岐市に、岐阜営業所を開設する。
(関東から中部地方への事業拡大を図る)
10月
東京都西東京市に、西東京営業所を開設する。
(㈲常磐運輸をM&Aにて、西東京方面への事業の拡充を図る)
(35期 年商53億円)
12月
瑞穂物流センターに、太陽光発電所第2施設(420kwh)と
第3施設(126kwh)を設置する。
平成26年
1月
越谷営業所を、埼玉県八潮市に移転し、八潮営業所として名称変更する。
6月
埼玉県所沢市に、所沢第2物流センター(2500坪)を埼玉県所沢市に新設する。
(竣工にあたり、啓和グループ50周年記念式典を開催)
同時に、三芳営業所を併設する。
(物流の効率化を図る。同時に、太陽光発電所第4施設(429kwh)を設置)
8月
所沢営業所、新事務所棟が完成する。
(グループ内配車効率を図るため、首都圏配車センターとして機能を強化)
平成27年
2月
神奈川県愛甲郡愛川町に、神奈川営業所を開設する。
(中部地方の窓口を図る)
3月
埼玉県所沢市外部倉庫に、太陽光発電所第5施設(360kwh)を設置する。
4月
長野県安曇野市に、長野営業所を開設する。
平成28年
6月
栃木県下野市に、宇都宮営業所を開設する。
(北関東の連携を図る)
11月
埼玉県羽生市に、羽生営業所を開設する。
(県内の連携を図る)
平成29年
7月
栃木県宇都宮市に、啓北営業所を開設する。
(更なる北関東の連携を図る)
8月
千葉県市川市に、京葉倉庫(150坪)を新設する。
同時に、市川営業所を開設。
9月
茨城県常総市に、つくば営業所開設する。
(圏央道沿いの連携を図る)
10月
☆株式会社啓和運輸 第40期がスタートする。☆ (年商105億円目標)
埼玉県入間市狭山台に新社屋を建設し、本社及び入間営業所を移転する。
同時に、入間物流センター(3200坪)を新設する。
太陽光発電所第6施設(420kwh)を設置する。
桶川営業所を、圏央営業所として名称を変更する。