Go to Top

先輩社員インタビュー

今日は所沢物流センターで働くドライバーの皆さんに、仕事の内容や会社のこと、楽しみ大変なことなど気楽なトーク形式でお話をおうかがいしました。

まず、皆さんの仕事内容を教えてください。

「私たちは全員がドライバーです。ドライバーといっても仕事内容は様々で、比較的決まったルートを受け持つケースもあれば、長距離で夜間働くことが中心の人もいます。独身だったり、家族がいたり、仕事の価値観も人それぞれですから、働いていくうちに自分にあったスタイルが見つかるのだと思います。
中には、コンサートの機材などを運ぶ仕事もあるんですよ。そういった場合は都内はもちろん地方都市などにも行きますし、ほとんどの場合は興行中も現場にいることになりますから、その土地の美味しいものを食べれると喜んでいるドライバーもいますよ。」

「ドライバーの仕事はただトラックで荷物を運ぶだけではないんです。お客様先に行けば積み下ろしもちろんあります。2tクラスだと手での積み下ろしもありますが、大型で運搬する場合は、基本的にフォークリフト作業が必須になったりします。でも一番大切なのはお客様とのコミュニケーション、これ一つで仕事が難しくなったり、逆にスムーズになったりしますからね。」

みなさんからみて、啓和運輸はどういう会社ですか。

「会社の規模も比較的大きく、歴史もあるので、しっかりした会社だと思います。それにドライバー体力が厳しいと言ったケースでも倉庫など管理業務に就くことも可能です。ドライバーってやっぱり体力勝負というところがあるのは事実もあって、将来も不安になったりもしますが、私たちの会社はできるだけ長く安心して努めてもらいたいという気持ちが強いのでその点は安心です。創業当時から働いている人もいるぐらいです。その人は現在はドライバーではないが、倉庫管理の仕事で活躍しています。」

仕事で大変な時もありますか。

「やっぱりやるからには仕事は一生懸命やりたいし楽しくやりたいですね。もちろん辛いこともあります。時間的に不規則になったりもしますから。仕事はやっぱりなんでも大変じゃないですか、その中で楽しさややりがいを自分なりに見つけていくことが重要なんだ思いますよ。私もこの仕事にはやりがいを感じています。モノを運ぶ先には必ず必要としている人がいて、そういったモノをつないでいるんだなと思うとやる気も出ますね。」

会社の雰囲気はどうですか。

「社内はどこの事業所も仲がいいですね。定期的にバーベキューなどは定期的にやっています。とにかく職場は元気な人が多いです、社長が「元気」な人なので、そういう人が集まるんでしょうか、これも社風かもしれませんね。」